話題のムーモが今なら初回85%OFFの980円!

菊地亜美さんも愛用中!

公式サイトはこちら

ムーモは敏感肌でも大丈夫?副作用はないか全成分を解析

「ムーモが気になるけど敏感肌だし肌荒れしたりヒリヒリ痛くなったりしないかな」

そんな風に感じていませんか?

除毛クリームはラクそうだけど肌が敏感だと副作用がないか気になってしまいますよね。

そこで全成分を1つ1つ解析してまとめました。

ムーモの副作用は大丈夫?全成分を1つ1つ解析

ムーモの全成分

こちらがムーモの全成分です。

【有効成分】チオグリコール酸カルシウム

【その他の成分】シア脂、ダイズエキス、シソエキス(1)、水酸化カルシウム、1,3-プロパンジオール、1,2-ペンタンジオール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリルアルコール、パラフィン、流動パラフィン、水酸化ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、香料

それぞれ解説していきます。

チオグリコール酸カルシウム

毛を構成する成分であるケラチンというタンパク質の結合を解くことで毛を柔らかくして除去する成分。

医薬部外品として除毛の効果が表記される。人によってはまれに炎症を起こすことがある。

シア脂

クリーム系のベースとなる油性成分。お肌を保護して水分蒸発を避けるエモリエント効果がある。

ダイズエキス

大豆の種子から抽出されたエキス。保湿効果。

シソエキス(1)

シソから抽出されたエキス。保湿やお肌の引き締め。

水酸化カルシウム

除毛剤成分のpHを調整するために配合。

1,3-プロパンジオール

抗菌性と保湿効果を併せ持つ成分。

1,2-ペンタンジオール

抗菌性と保湿効果を併せ持つ成分。

グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル

保湿成分であるグリセリンの誘導体。抗菌、保湿作用以外にもニオイを抑制する作用がある。

ポリオキシエチレンセチルエーテル

非イオン界面活性剤。安定性が高い。

濃度が高いと刺激になる可能性もあるものの、化粧品では高濃度で配合されることはないため、安全性は高いと考えられる。

ステアリルアルコール

油性成分(高級アルコール)。水性成分と油性成分が混ざるのを助けたり製品の感触をよくする役割。

パラフィン

感度を調節する役割。硬さを上げてくれる。

除毛剤は密着性が大切であるため配合されていると考えられる。

流動パラフィン

エモリエント効果と硬さを調節する役割。広がりやすく、均等に伸びる性質がある。

水酸化ナトリウム

除毛剤成分のpHを調整するために配合。

1,3-ブチレングリコール

化粧品表記のBG。通常は保湿、抗菌性を持たせる成分。

また、植物エキスを溶かす役割もありその目的で配合されている可能性が高い。

香料

様々な芳香成分の集合体。

化粧品では香りに関する成分を一律で『香料』と表記できるため、どのような成分が含まれているかはわかりません。

ただ、ラベンダーの香りと公式サイトに書いてあるため、その可能性が高いでしょう。

ラベンダーエキスについては安全データシートなどの結果からアレルギーや刺激性がほぼない成分と考えられています。

ムーモは副作用が起こる可能性はゼロではないけど敏感肌にも配慮して作られている

ムーモに含まれる除毛成分はまれに刺激を感じることがある成分です。

他にも、シソエキスに含まれる香り成分のペリルアルデヒド、香料に含まれる芳香成分によって炎症などの副作用が発生する可能性もゼロではありません。

一方で、お肌を保護する効果の高いシア脂を使うなどお肌に優しくなるように配慮された成分も含まれています。

刺激になるかは肌との相性でわかれるところなので絶対に安全とは言えませんが、お肌に配慮していることが感じられる配合成分だと感じる内容です。

ムーモの口コミや体験談を詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました